西プラETCコーポレートカードについて | 協同組合 西日本プラスチック購買センター

西プラETCコーポレートカードについて

コーポレートカードはNEXCO社が発行しているカードで、「高額利用(1ヶ月の割引対象道路利用額が3万円超)」の方にお勧めのカードです。利用条件は少し厳しくなっていますが、その分割引率が高くなっています。

また、カードの利用にも制限がありますので注意が必要です。

西プラコーポレートカードがおすすめ!

西プラETCコーポレートカードの特長

このカード最大の特長は「割引適用条件があるが割引率が高い」ことです。まずは、この割引適用条件についてご説明します。

西プラETCコーポレートカードの割引適用条件とは…

西プラETCコーポレートカードでは毎月事業所毎に割引適用の有無を決定します。
1事業所で使用している西プラETCコーポレートカードの割引対象道路利用平均額が、20,000円を超えている月に車両単位割引を該当事業所に適用いたします。

★平成29年4月1日走行分より割引適用条件を割引対象道路利用平均額を30,000円超から20,000円超に緩和しました。(詳しくはこちらのページにてご確認下さい)

 

例1
A事業所では5枚のコーポレートカードを利用しています。○月走行分の割引対象道路利用金額は5万円×1枚、1万円×4枚でした。

この場合は、5枚のカードで9万円となりますので、1枚あたりの平均利用額は1万8千円で2万円以下となります。

つまり、A事業所の○月走行分は車両単位割引非適用となり5枚とも割引適用がありません

ic_rei2
B事業所では3枚のコーポレートカードを利用しています。△月走行分の割引対象道路利用金額が1万円×1枚、3万円×2枚でした。

この場合は、3枚のカードで7万円の利用となりますので、1枚あたりの平均利用額は2万3,333円で2万円超となります。

つまり、B事業所の△月走行分は車両単位割引適用となり3枚とも割引が適用されます

西プラETCコーポレートカードの割引対象道路について

西プラETCコーポレートカードはETC設備の設置されている有料道路であればどこでも利用いただけますが、割引対象となる道路は「NEXCOの管轄する道路」に限定されます。具体的には、以下の一覧表をご覧下さい。

西プラETCコーポレートカード 割引対象道路一覧表(平成30年4月1日時点)

高速自動車国道
北海道方面

道央自動車道 札樽自動車道 道東自動車道

東北方面

東北自動車道 八戸自動車道 青森自動車道 秋田自動車道 山形自動車道
釜石自動車道 日本海東北自動車道 東北中央自動車道

関東・信越方面

磐越自動車道 常磐自動車道 北関東自動車道 東京外環自動車道 東関東自動車道 新空港自動車道
館山自動車道 東名高速道路 新東名高速道路 名神高速道路 中央自動車道 長野自動車道 関越自動車道
上信越自動車道 中部横断自動車道 北陸自動車道 東海北陸自動車道 伊勢湾岸自動車道
東名阪自動車道 名古屋第二環状自動車道 伊勢自動車道

近畿・中国方面

紀勢自動車道 新名神高速道路 西名阪自動車道 近畿自動車道 阪和自動車道 関西空港自動車道 中国自動車道 山陽自動車道 舞鶴若狭自動車道 播磨自動車道 米子自動車道 山陰自動車道 岡山自動車道 
浜田自動車道 広島自動車道 松江自動車道 

四国・九州・沖縄方面

高松自動車道 松山自動車道 高知自動車道 徳島自動車道 関門自動車道 九州自動車道 宮崎自動車道
長崎自動車道 大分自動車道 東九州自動車道 沖縄自動車道

一般有料道路 東京湾アクアライン 京葉道路
※新湘南バイパス(ETC2.0のみ) ※圏央道(ETC2.0のみ)
 

つまり、この表に記載のない阪神高速道路の走行料が10万円だったとしても、割引対象外となりますので注意が必要です。
主な割引対象外道路には、阪神高速道路の他、首都高速道路や本州四国連絡道路などがあります(表内に記載のない道路は割引対象外道路となります)。
※表内に記載のある道路でも、朝夕割引等の割引を受けている場合は割引対象外の扱いとなります。

西プラETCコーポレートカードにおける車両単位割引の割引率

平成29年1月1日走行分より適用している割引率は以下の通りです。
(※記載の割引率は平成29年1月6日時点のものとなります。割引率が変更になる場合もありますので予め御了承下さい。)
先ほどの「割引適用条件」を満たすと以下の計算式を当てはめて割引額を計算します。

車両単位割引の割引率
以下の金額は「割引対象道路の利用額」を対象と致します。

事業用車両でETC2.0システム車載器搭載車(※)

5,000円以下

割引無し
5,001円以上~10,000円以下の部分 割引率20%
10,001円以上~30,000円以下の部分 割引率30%
30,001円以上の部分 割引率40%

 

その他車両ETC車両

5,000円以下

割引無し
5,001円以上~10,000円以下の部分 割引率10%
10,001円以上~30,000円以下の部分 割引率20%
30,001円以上の部分 割引率30%

平成29年1月1日走行分より、ETC2.0システムの搭載有無によって割引率が異なります。

この割引率差を「激変緩和措置」と呼び、この措置は平成30年3月末日まで継続される予定です。

 ⇒この措置は平成30年3月末日で終了致しました。但し、経過措置としてETC2.0システムを搭載している場合は、平成30年4月1日以降も一定期間「ETC2.0を使用する事業用車両(※)」と同率の割引率が適用されます。

 

(※)事業用車両:自動車運送事業者がその自動車運送事業の用に供する自動車等の車両。(主に緑地に白字のナンバープレート(軽自動車の場合は黒地に黄字))が使用されています。

 

西プラETCコーポレートカードの割引額計算方法

以下に具体例を掲載しております。ご参照下さい。

例:利用金額50,000円、割引対象道路の利用額40,000円の西プラETCコーポレートカードの場合

※ETC2.0システム搭載車利用時

割引対象額40,000円のうち、5,000円以下の部分 割引率0% 割引なし
割引対象額40,000円のうち、5,001円以上~10,000円以下の部分 割引率20% (10,000円-5,000円)×0.2=1,000円
割引対象額40,000円のうち、10,001円以上~30,000円以下の部分 割引率30% (30,000円-10,000円)×0.3=6,000円
割引対象額40,000円のうち、30,001円以上の部分 割引率40% (40,000円-30,000円)×0.4=4,000円
つまりこのカードの割引額は1,000円+6,000円+4,000円=11,000円となりますので、このカードの請求額は以下の通りとなります。

40,000円-(1,000円+6,000円+4,000円)+(50,000円-40,000円)=39,000円

カードの利用条件

西プラETCコーポレートカードは予め利用車両のナンバープレートと車載機を登録し、登録車両以外では利用する事ができません。

万一、登録車両以外の車両で利用された場合は、該当のカードを利用された会社だけではなく、組合全体のカードが割引停止となってしまう可能性があり、この場合は損害賠償の請求対象となりますので、利用に際しては管理を徹底して頂く事が重要です。

当組合で取り扱っているETCカードについて

当組合では、西プラETCコーポレートカードと西プラETCスルーカードという2種類のETCカードを取扱っています。
ここでは西プラETCコーポレートカードについてご紹介致しました。もう一つのカード『西プラETCスルーカード』の詳細はこちらからご確認頂けます。

西プラスルーカードについて
PAGETOP